ドリップコーヒーで使うドリッパーの紹介

subpage01

ドリップコーヒーと一言でいっても、その種類はさまざまです。一番スタンダードなドリップコーヒーのドリッパーは、ホームセンターや100円ショップなどでも打っているプラスチックのものではないでしょうか。

抽出口も3つ穴式のものが多く、安価で丈夫なドリッパーはコーヒー初心者に最適です。しかし、コーヒーを家で本格的に淹れるようになると、安い道具では少し物足りなくなってきます。


そこでおすすめするのが、喫茶店やコーヒーのチェーン店で販売しているドリッパーです。



素材もプラスチックはもちろん、耐熱ガラスのものや、セラミックのものもあります。また抽出口や形も研究されていますので、ドリッパーの形状での味の違いを体感できるでしょう。

また、日本では3つ穴式のドリッパーが主流ですが、海外では1つ穴のドリッパーがよく使われています。

これは、軟水にあう浅煎りの豆が、1つ穴だと目詰りしやすいのが大きな理由です。

硬水を利用することが多い海外では、深煎りの豆が好まれるため、目詰まりの心配がないのです。

このドリッパーの1つ穴と2つ穴では、味が変わってきますので、コーヒー豆にあわせてドリッパーを準備して飲み比べてみるのもおすすめです。



ドリッパー本体をご紹介しましたが、最近ではペーパーフィルターの必要のないものや、携帯式のものなどさまざまな商品が販売されています。

NAVERまとめに関する情報です。

ドリッパーによって味が変わってきますので、好みにあうドリッパーでドリップコーヒーを楽しんでください。